平成25年度の展覧会

過去の展覧会はこちら

企画展

近代の洋装と毛織物

展覧会リーフレット画像 展示解説書画像
平成25年4月27日(土)〜6月2日(日)

江戸から明治へと、新時代を担うにふさわしい装いとはどのようなものだったのでしょうか。本展では、当館が所蔵する毛織物コレクションの中から、明治時代から昭和にかけて着用された大礼服や軍服などを展示します。

企画展

阿弥陀信仰と木曽川流域

展覧会リーフレット画像
平成25年6月15日(土)〜7月28日(日)

かつて天災・疾病・あるいは人々の政権争いが続いた混沌とした時代、人々が見出した希望の光が、来世において極楽浄土へ往生するという浄土教の教えでした。当博物館が所在する一宮市は、浄土系の宗派が多い地域です。本展覧会では木曽川流域においてひろがった阿弥陀信仰について、中世から近世への流れを紹介します。

夏休み子ども展示

わたしたちのまち一宮〜自然編〜

展覧会リーフレット画像
平成25年8月3日(土)〜8月25日(日)

一宮の自然環境や植物・動物を知ることで、一宮がどのような場所・特徴を持っているかを紹介し、これからの一宮の自然について考えます。
※「一宮市子ども写生大会作品展」(平成25年8月8日〜8月18日)

2013一宮美術作家協会展

展覧会リーフレット画像
平成25年8月31日(土)〜9月16日(月・祝)

一宮美術作家協会会員による、最新の発想でイメージの試作を展開した絵画・平面、彫塑・立体、デザイン、工芸の力作を展示します。

一宮写真協会選抜写真展

展覧会リーフレット画像
平成25年9月19日(木)〜9月29日(日)

感性に裏打ちされた表現力で、熱い思いを込めた写真作品を展示します。

特別展

縄文から弥生へ〜馬見塚遺跡の時代

展覧会リーフレット画像
平成25年10月12日(土)〜11月17日(日)

大正15年の土器棺発見以後、90年を経ようとする馬見塚遺跡について、その研究史を振り返るとともに、馬見塚遺跡出土資料がもの語る尾張平野の縄文時代後晩期から弥生時代の様相を、他地域の資料と比較しながら考えます。

企画展

2013一宮市現代作家美術秀選展

展覧会リーフレット画像
平成25年11月30日(土)〜12月15日(日)

平成25年に開催される第71回一宮市美術展の成果等をうけて、一宮市美術展依頼出品者・市長賞受賞者、一宮美術作家協会・一宮書道協会・一宮写真協会推薦者の作品を展示します。

企画展

暮らしの中の民具〜観察する〜

展覧会リーフレット画像
平成26年1月11日(土)〜3月9日(日)

本展示では、機械化する以前の道具を観察することによって、道具を使うことの意義や、道具の流通や変遷などを紹介し、道具から見た「歴史を学ぶ」ことの意味を子どもたちに伝えます。