平成27年度特別展「浮世絵展 描かれた風景」

浮世絵展イメージ画像
会期 平成27年10月3日(土)〜11月23日(月・祝)
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし祝日に当たる場合は開館)、
10月13日(火)、11月4日(水)
概要 当館初の浮世絵展となる本展では、歌川広重の『保永堂版 東海道五拾三次』全55図に加えて、変わり図6図すべてを展示し、はじめて浮世絵をご覧になる方にも分かりやすくご紹介します。
展覧会リーフレット(PDF)
出品目録(PDF)
関連催事
主催 一宮市博物館・中日新聞社

特別観覧料(常設展を含む)

一般500円(400円)、高校・大学生300円(240円)、小・中学生200円(160円)
★博物館・美術館観覧券セット 一般1,000円、高校・大学生500円、小・中学生300円
※博物館・美術館観覧券セットは、特別展会期中、博物館および美術館受付にて販売。
※( )内は20人以上の団体。
※市内小・中学生は無料。市外小中学生は土曜日無料。
※市内在住の満65歳以上で、住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方は無料。
※身体障害者等の手帳を持参の方(付添人1人を含む)は無料。
※博物館パスポート・ミュゼカードでもご観覧になれます。

歌川広重の『保永堂版 東海道五拾三次』全55図+変わり図6図を展示

日本橋から京都までの全55図に加えて、本展では変わり図6図も含めて展示します。見比べると、間違い探しのような面白さがあり、また当時の出版事情の複雑さを窺うこともできます。
※変わり図(改作版)……版元(出版元)の依頼によって、広重が絵を描き直したもの。日本橋・品川・川崎・神奈川・戸塚・小田原の6図が知られています。

歌川広重『保永堂版東海道五十三次』「日本橋」初版図と変わり図

愛知県指定文化財《紙本著色浮世絵肉筆観桜図屏風》を特別公開

本展に合わせて、普段非公開の《紙本著色浮世絵肉筆観桜図屏風》(個人蔵・当館寄託)を2階常設展示室に展示します。版画とは違った、肉筆浮世絵の世界をご覧いただくことができます。

たいけんの森にて「かんたん浮世絵」体験を実施

多色摺りの浮世絵版画は、多数の版木を用いて、色を重ねていくことによって作られます。その工程を擬似体験できるキットをご用意しました。体験は無料で、完成した版画(はがきサイズ)はお持ち帰りいただけます。

  • 開催日:10月3日〜12月27日までの毎週土・日曜日、祝休日
  • 時間:午前9時30分〜午後4時30分(体験に必要な時間は10分程度です)