古文書講座〜古文書にしたしむ〜

最終更新2018年2月24日

一宮市博物館で保管している江戸時代の地方文書をテキストとし、解読とその歴史的背景について学びます。

平成30年度博物館 古文書講座「古文書にしたしむ」

古文書講座受講風景
  • 日時:5月12日〜平成31年2月3日の原則第2土曜日、午後2時〜4時(全10回)
  • 会場:博物館講座室・妙興寺公民館
  • 対象:一宮市内在住・在勤の16歳以上の方
  • 内容:博物館で所蔵する江戸時代の一宮市域の古文書を使用して、解読方法と歴史的背景を学ぶ
  • 講師:小川一朗氏(一宮市文化財保護審議会委員)
  • 定員:8人(抽選)
  • 受講料:1,000円(教材費)
  • 申込方法:ハガキに、住所(在勤の場合は勤務先所在地も必要)、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を記入し、「古文書にしたしむ希望」と明記の上、一宮市博物館まで郵送(〒491-0922 一宮市大和町妙興寺2390)。ただし、申込はハガキ1枚につき1人分としてお申し込みください。
  • 締切:4月16日(日)消印有効