ページ
上部へ

古文書講座

博物館で保管する江戸時代の一宮地域の古文書を使用して、古文書の解読方法と歴史的背景を学びます。

令和2年度 古文書講座「古文書にしたしむ」

古文書講座受講風景

[日時]5月9日~2021年2月13日の原則第2土曜日 午後2時~4時(全10回)
[対象]一宮市内在住・在勤の16歳以上の方
[内容]博物館で所蔵する江戸時代の一宮市域の古文書を使用して、解読方法と歴史的背景を学ぶ
[講師]小川一朗氏(一宮市文化財保護審議会委員)
[定員]4人(抽選)
[受講料]3,000円(教材費)
4月より、常設展の料金および7月より貸しギャラリーの利用料金が改定となります。