ページ
上部へ

尾張平野を語る26 地域史研究を語る

一宮市域は濃尾平野の木曽川中流域左岸に位置し、縄文時代の中ごろから人々が暮らしはじめ、現在までさまざまな歴史や文化を育みながら、尾張の歴史と文化の一端を担ってきました。当館では、これまで博物館講座「尾張平野を語る」の中で自然・考古・民俗・歴史・美術工芸・建造物などさまざまな分野の講師を招き、尾張平野の歴史と文化を紹介しています。
26回目を迎える今回は、郷土や地域の歴史を調べる方法、その研究の楽しさについて、各分野の講師を招いて行います。

イベント情報

イベント名称
博物館講座「尾張平野を語る26 地域史研究を語る」
開催日
2023年2月・3月