ページ
上部へ

没後50年 郷土史家 森徳一郎 浅野研究から一宮市史へ

一宮市の歴史の基礎を築き上げた郷土史家・森徳一郎(1885~1972)の没後50年を記念し、浅野公園開園につながる浅野研究のほか、馬見塚遺跡の発見やキリシタン研究など、その功績を紹介します。

展覧会情報

展覧会名称
企画展「没後50年 郷土史家 森徳一郎 浅野研究から一宮市史へ」
会期
2023年2月25日(土)~2023年3月26日(日)
休館日
毎週月曜日、3月22日(水)
開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)